柏での葬儀では時間に遅れずに少し早めの到着を

subpage1

社会に出て働くようになったらビジネスの世界では、遅刻は厳禁ですし時間に遅れる人は信用をされません。それは人とのコミュニケーションにおいても同様ですし、何かのイベントごとや開催時に関しても一緒であり、柏での葬儀の際も例外ではないです。何時から柏での葬儀が開始かはお知らせを受けているので、定刻ギリギリで息が荒い状態での参加よりも、ほんの少しだけ早めに到着をするようにします。

しっかりとした柏で葬儀が一般的になってきました。

基本的に柏での葬儀に遅刻してしまうのは、お葬式に出る人のルールとしてもマナー違反です。

時間通りには到着をして港参列はしたものの、やむをえない理由がありお葬式の途中で席を立ち、帰らないといけないのであれば、席はできるだけ末席に座るようにします。
タイミングも大事ですから、自分の焼香の順番が終わったら、速やかに静かに退席をすることです。



お葬式会場はしめやかな場ではありますが、そこへ行くと久しぶりに顔を合わせる知人もいるので、つい声をかけて話し込みたくあんります。しかしこの日ばかりは久しぶりにあって懐かしいという気持ちを前面には出さず、大きな声でしゃべったり、会話が盛り上がって笑い声が響くようなことは控えることです。

知人に会ってもお葬式の日は、世間話は慎む大人の対応で黙礼の挨拶をして、何か少しだけ話すときにも小声にします。


お悔やみの言葉を述べる際にも、参列者はほかにも大勢いますので、遺族に対して長くならぬよう配慮をすることです。